Welcome! You are currently on our Japan site. Select our United States site to find your local currency, language and product selection.
Close

Please Select

Close

Please Select

Cities Reimagined.

ロックダウンからフェイスマスクの着用まで、世界的な新型コロナウイルス大流行の影響による昨年の大きな変化を予想できた人はいなかったことでしょう。都市での生活は永遠に変わってしまいました。この状況に適応するため、街中を自由に移動するための新しい手段を求める人が大勢存在し、多くの方にブロンプトンをお選びいただいています。

世界中の方々から話を聞いて、街の中を移動するのにどのようにブロンプトンを活用しているかを質問し、何が変化したのか、そして自分たちの街が今後どのようになることを望んでいるのかを理解しようとしてみました。

世界中のいくつもの都市を見つめ直します。

Cities Reimagined - South Africa

When Francia left Manhattan 18-months ago to go on an extended holiday, he had no idea a global pandemic would lead him to a totally new life on the South African coast. With his high-pressure legal job behind him and enforced travel restrictions in place, there was no choice but to slow down and take time. Along with his trusted Brompton, he explored the world around him.

再考対象都市-メルボルン

シリーズの最初のビデオは、メルボルンのイーストブランズウィックに店舗を持つ、国際的に有名なデザインショップのThe Boroughsのエディ・キャロルさんとアラスデア・マッキノンさんにお話をうかがいます。お二人はブロンプトンに乗って配達を行い、その中でこれまで存在すら知らなかった場所に出会いました。

https://www.theboroughs.co/ のエディ・キャロルさんとアラスデア・マッキノンさんが登場

ビデオ撮影-ライアン・スケルトン氏

再考対象都市-上海

飲み物と蒸留所の専門家である、上海が地元のヤン・ジンヨンさんは、ブロンプトンを使って街の中を移動しています。

新型コロナウイルスによって中国における生活は一変し、より多くの人が公共交通機関のリスクを避けようとしてする中で、サイクリングの人気が劇的な高まりを見せています

再考対象都市-東京

モデルの七野李冴さんは、新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから、以前よりも自転車で東京の中を移動することが多くなりました。

李冴さんはブロンプトンに乗って撮影や、トレーニングに向かいます

再考対象都市-プトラジャヤ

マリアナさんは、プトラジャヤのビジネスオーナー兼経営者です。クライアントを訪問する際の交通渋滞がこれまでの最大の課題でしたが、ブロンプトンと出会ったことで解決することができました。これまでもずっと自転車に乗る事が大好きでした。それが今では、子ども達とより多くの時間を過ごす助けともなったのです。

その他のオーナーのストーリー

ニューヨークからロンドン、パリに至るまで、世界中の都市のブロンプトンオーナーがどのように自転車で旅に出たり、通勤したり、街を探索しているかをご覧ください。

ロサンゼルス

ロサンゼルスを拠点とするベースプレイヤーのネイザン・イーストさんは、マディソン・スクエア・ガーデンにおける連夜のエリック・クラプトンとのコンサートのために、ブロンプトンをニューヨークへと連れて行きました。

ロサンゼルス

ライアン・マキシーさんはロサンゼルス在住のドキュメンタリー映画製作者です。世界のどこにでも自転車と共に移動するライアンさんの、最もクールなシーンのいくつかを見てみましょう。

New York City

Tom Lutz works at Google’s Chelsea Market offices and enjoys an unusual commute, 20 miles daily, year-round from his home in Leonia, NJ. You see, Tom commutes by Brompton – and boat!

ニューヨーク

散髪が必要ですか?TheVeloBarberが自転車であなたの場所までうかがいます。ニューヨークや世界中の都市を旅しながら、ジュリアン・ハワードさんがブロンプトンを活かした新しい方法でクライアントとつながる様子をご覧ください。

ロンドン

ブロンプトンの製品責任者であるジョエル・ナターレ氏は、自転車業界で長年働いています。街中の人と顔を合わせ、仕事や遊びのためにロンドンの中や周辺を移動するには、すばやく移動できる手段が必要です。

ロンドン

ルーク・ホップウッドさんは、ブロンプトンの電動アシスト自転車の最初の顧客の1人です。熱心なマウンテンサイクリストであるルークさんは、ロンドンの地下鉄での通勤を、毎日約40マイルのサイクリングへと切り替えました。

ロンドン

イーストロンドンに20年以上も住むアンディさんは、UXコンサルタントとして働いています。自宅やオフィスで自転車を折りたたんで保管できるということは、自転車がいつでも安全で、外に置かれている間に盗まれる心配がないということです。

パリ

「街の中で鍵をする自転車ではありません。いつでも手元に置くことのできるものなのです」マスターバリスタのレオナルドさんは、パリの専門カフェで働いています。

パリ

パリ出身のカミーユさんはロンドンに住んでいますが、友達と会ったり、会議に行ったりするために、よくブロンプトンと共にユーロスターに乗り込みます。

ベルリン

ウィルさんは子供の頃からサイクリングが大好きでした。これまでいつでもレーシングバイクに乗ってきたウィルさんは、ロンドンで働いているときにブロンプトンに出会いました。

マドリード

ホセ・アルベルトさんはマドリッドから20km離れた小さな町に住んでいます。自転車屋で働き、ハイブリッド車とブロンプトンを使ってマドリッド中を駆けまわる情熱的なサイクリストです。

アムステルダム

アーティストであり起業家でもあるルースさんは、ブロンプトンでアムステルダムの街中をすばやく移動するのが大好きです。サイクリングは瞑想の一形態であると感じて、自分と向き合う時間として捉えています。